Cinestill 800T 135-36(CS8011)

1,944  (税込)
(税抜 1,800 )
CS8011
在庫切れ

Cinestill 800T
Cinestill 800T

映画用タングステン光下フィルムのISO800カラーネガフィルム


映画のワンシーンを切り出したようなイメージで撮影できます。
映画用タングステン光下フィルムのISO800カラーネガフィルム。
低照度で困難なタングステン光の状況のために設計されています。
多くの異なる照明状況でも使用することができます。



再加工された特注のこのフィルムは、標準的なC-41で安全に現像できます。
タングステン光(3200K)で撮影したい時は、ISO800として設定し、フィルター無しでの撮影が推奨されます。
ナイト撮影に向いていますが、タングステンフィルムなので、太陽光の元では青みがかった色になります。
その際は、色補正フィルターを使用すると(KODAKの85B、ケンコーのW12、富士LBA-12)普通の色味になります。



青みがかった不思議な色を楽しむ場合は、プリントで色補正をしないよう指示して下さい。



ISO感度は800です。



フィルターを使う際は、露光係数にご注意下さい。
上記の色補正フィルターを装着した場合はISO500にします。
フィルターを装着しても、自動露出機構付きのカメラ(AE)の場合はISO800のままでご使用下さい。



【ご注意】
CineStillフィルムは、まれに赤く稲妻のような、または点のようにフィルムに映り込む場合があります。 これは静電気によるものです。静電気は、フィルム、機器の一部または巻線に蓄積することがあります。フィル生産工程上、帯電防止/アンチハレーション処理が完全ではありません。 特に涼しい、乾燥した環境では他のフィルムよりも起こりやすい傾向があります。 それを避ける最善の方法として、ゆっくり巻き上げ戻し巻き戻しをすことをお勧めします。



現像についてはこちら


撮影イメージ

Cinestill 800T 撮影イメージ

Cinestill 800T 撮影イメージ2
※クリックすると拡大します。


※増感現像も可能なフィルムと紹介されていますが、増感使用は個人の責任においてお願いします。
※冷蔵および冷凍保管したフィルムを使用または現像する際は、徐々に室温に戻してからお使い下さい。
※冷蔵保管の場合で6時間以上、冷凍保管の場合で12時間以上、パッケージのまま放置してからご使用下さい。
※結露状態でご使用になると、乳剤面が張り付いたり、水滴痕が写り込んだりする事があります。
※包装は写真の通りプラスチックケースのみです。



フィルム種類 カラーネガフィルム・タングステン光下用
サイズ(版) Cinestill 800T 135-36 : 35mm/ Cinestill 800T 120
現像方法 一般的なカラー現像 C-41
フィルム感度 ISO800/30°
(通常現像でISO200-ISO1600で使用可能)
原産国 米国製 Made in USA

※3i(サンアイ)株式会社は、当製品の正規輸入代理店です。


メディア掲載情報

日本カメラ 2016年1月号

日本カメラ 2016年1月号

(日本カメラ社)