暗室不要の現像ボックス LAB-BOX135+Module120

31,900  (Including tax)
(exc tax 29,000 )
In stock
+
※グリーンはリミテッドカラーの為、在庫が無くなり次第終了となります。

この度、クラウドファンディングで日本国内だけに留まらず、全世界のフィルムカメラファンに注目された暗室不要の現像ボックス「LAB-BOX」を蔵CURAセレクションとして発売いたします。

LAB-BOXは、暗室がなくても光の中でフィルムを現像するための最も簡単で最速のツールです。暗箱や暗室なしでフィルムをタンクにロードできます。もちろん今までお使いの現像液で現像も可能ですが、オリジナル現像液MONO BATHを使えば現像液を入れ替える必要もありません。
いつでもどこでも好きなところで、好きな時に現像ができる楽しみをぜひあなたも!
LAB-BOX135+120には35mmフィルムとブローニーフィルムを装填できるモジュールがそれぞれ同梱されています。

カラーバリエーション

カラー:ブラック

カラー:オレンジ

カラー:グリーン

使い方動画

LAB-BOX, HOW IT WORKS from ars-imago on Vimeo.

LAB-BOXでの現像時に現像液をフルタンク(490ml断続かくはん)で行うか、少ない量の現像液(300ml連続かくはん)で現像するかを選択できます。
少ない量の液で現像する場合は、別売りクランクを使用して頂くと「連続かくはん」をより便利に行うことがができます。

当商品のマニュアルについて

マニュアルのダウンロードはこちらのリンクより行ってください。

>>マニュアルページへ

メディア掲載情報

フィルムカメラ・ライフ 2019-2020

フィルムカメラ・ライフ 2019-2020

(玄光社MOOK)

GOODS PRESS 2019年10月号

GOODS PRESS 2019年10月号

(徳間書店)

COMMERCIAL PHOTO 2019年9月号

COMMERCIAL PHOTO 2019年9月号

(玄光社)

CAPA 2019年9月号

CAPA 2019年9月号

(学研プラス)

※予告なく仕様が変更になる場合がございます。

富岡の絹せっけんseric(セリック)